開陽丸のチェーン


 開陽丸のアンカー チェーンは錨綱(いかりづな)から鉄製の鎖に変わる、変革期の中間に位置する もので、製造方法など非常に興味を引く遺物です。
 チェーンのスタッドに付いていた刻印を調査し、このチェーンが1865年、オランダ、ライデン市に あったロイヤル・オランダ大鍛冶組合で、手作り螺旋鍛造という方法で製造された事が分かりました。
 調査にご協力頂きました。ロイド船級協会の上谷様に深く感謝いたします。



開陽丸のアンカー チェーン
1   3/4”(約44φmm)



戻る 進む