発刊日2007〜2009年(10冊)
題名 著者/出版社/初版日付 コメント
「わかなパン」の自家製酵母パンと野菜のおかず なかもとわかな/主婦の友社 (2009/3/10)
頁数:約 100頁 \1470
内容紹介
逗子で人気のパン屋さん、わかなさんが教えるからだにやさしい自家製酵母のナチュラルパンと野菜のお惣菜のレシピ集。―――庭に建てられた手作りのパン小屋で、毎朝4時からひとりで手ごねパンを焼き、ファンを増やしている、なかもとわかなさん。夫と2男1女の家族の健康を守るために、自分なりに開発した、いま注目の自家製酵母のナチュラルパンがいつの間にか口コミで広がり、プロのパン屋さんに。これらの人気のパンと昨年オープンした小さなカフェ「わかなぱんカフェ」で評判の、パン、雑穀に合うベジ(タブル)おかずのレシピを惜しげなく紹介してもらった1冊。ご主人の中本将夫さんが日々撮影した家族やパン、料理、四季の移り変わりを知らせる自然の写真が味わい深い。わかなさんの文章もしみじみとしてあたたかく、食べることを通して家族のつながりを大切にしたくなる1冊に。

 
高橋雅子の自家製酵母のパン作り [DVD] 高橋雅子/GPミュージアムソフト (2008/10/25)
 80分 \2521
内容(「キネマ旬報社」データベースより)ゆっくり発酵スコーンとざっくりビスコンティ」の著書・高橋雅子が誰でも簡単にできる自家製酵母のパンの作り方を紹介。高級食材を使うのではなく身近な材料で、身体に優しくて美味しい手作りパンがすぐにできる。パン好きの方にピッタリの1枚。
自家製酵母のおいしいパン―すっごくかんたん!安心でおいしいパンをいろいろな酵母で作れます! 相田百合子/成美堂出版 (2008/4/29)
 頁数:約 127頁 \1050
内容紹介
春のフレッシュないちご、夏の完熟トマト、秋のりんごに冬の甘酒…。四季折々、季節の材料から酵母を育てる楽しみは尽きることがありません。起こした酵母を使ってオリジナルのパンを焼く楽しみも無限に広がります。
日本人の好みに合うようにアレンジした、酸味がなくて適度に噛みごたえのあるパンのレシピを紹介  
5つの酵母と素材を生かした基本のパン作り (タツミムック) 大塚せつ子/辰巳出版 (2008/5/30)
頁数:約 110頁 \1470
内容紹介「ドライイースト」、「白神こだま酵母」、「有機天然酵母」、「パネトーネマザー酵母」、「ベターホーム協会の天然酵母(果実種)」、ナチュラルな酵母(イースト)で、パン作りを楽しみましょう! レシピ総数218!5冊分の情報がつまったパン作りの本。
水と小麦だけのパン種でつくる酵母パン 自然発酵種の素朴でおいしいパン・レシピ 林弘子/アスペクト (2008/2/23)
頁数:約 192頁 \1575
内容紹介
小麦粉と水だけで自然発酵させたパン種で、酵母パンをつくるーー。この、世界でいちばんシンプルで素朴な方法は、 じつはいろんなパンをつくりだすことができます。バゲットやエピ、ライ麦パンやクロワッサンなどのヨーロッパスタイルのパン、ピタやラバッシュ、 エイーシ、ホブズなどのシンプルな平パン、チャパティーやナーン、ベーグルやボウズなどのオリエンタルなパン……。どれも、酸味やクセのない、 ふわふわのやわらかな酵母パンです。

これらの、気どらず、ときには失敗しながらつくりあげる実践的なパンの秘伝レシピを、 料理研究家の林弘子さんが、「つくって楽しく、食べておいしい」をモットーに「フツーの家の台所」で「フツーの道具」を使って紹介します。
小麦粉と水をこね合わせた生地を自然発酵させて、冷蔵庫で1か月、数日に1回の割合でこね続ける。すると、生地はすばらしい香りのパン種となり、 その種をもとにさまざまな味と香りのパンが生まれます。そんな、芳醇で歴史を感じさせる酵母パンをさあ、いっしょにつくりましょう。
おうちでゆーっくりたのしむ『自家製酵母』のパンとお菓子の本 佐原 文枝/主婦と生活社 (2008/01)
頁数:約 88頁 \1260
出版社/著者からの内容紹介
すごーく、すごぉーくカンタンでおいしい、fumiさんの『自家製酵母パン』の本、大好評第2弾!今度は酵母おこしも、もっとも~っとカンタンに。コッペパン、ふたごパン、ミニイギリス食パン、スティックパン、メロンパンから、ピザ、ピタパン、イングリッシュマフィンまで!さらに作りやすくておいしい、充実のラインナップでお届けします。そして、本邦初公開!酵母で作るお菓子も満載。スコーン、マフィン、クラッカー、ドーナッツなど。どれも、しみじみとおいしい味ばかりです。

小さな酵母パン教室へようこそ―ふかふかあったかここちいい香りの誘惑
林弘子/自然食通信社 (2007/12)
176ページ \1785
内容(「BOOK」データベースより)
味噌、漬物、梅干しから酢、麹、醤油にいたるまで…手づくり三昧のユニークな発酵食ライフから生み出された自然発酵種のパン作り。シンプルな食事パンから、あんも手づくりのあんぱんやメロンパンまで、小さなキッチンで伝授してきた著者のパン作り集大成を自然発酵種ならではのおいしさが詰まった四季折々のパンに詰め込んで。
天然酵母パンの技術教本―天然酵母を使いこなす「新視点」の技術で、パンづくりをもっとラクにする。 福王寺明/旭屋出版 (2007/12)
120ページ \3675
内容(「BOOK」データベースより)
天然酵母を使ったパンの魅力。それは、天然自然のものを扱い、丁寧に育てて使っているという安心感、そして自然の風味というパンそのものの魅力です。果実や穀物から培養した酵母でつくるパンには、酵母が醸す豊かな風味があり、噛めば噛むほどに口内に広がる素材の甘みとうま味があります。天然酵母を扱う私たちパン店の側も、つくっていて生地の風味のよさが実感できます。自然の風味を損ないたくないため、極力添加剤などを加えたくないと思うようになります。ここから、いっそう体に優しい、おいしくてヘルシーなパンというイメージが高まります。そうしたパンのつくり方を紹介しましょう。
しあわせ自家製酵母パン ちびシェフ厨房*yummyレシピ* 木村美穂子/講談社 (2007/12/22)
99ページ \1260
内容紹介
毎日約5000人もの人が訪れる、人気ブログ発の自家製酵母パンのレシピ本。
ベーシックなものからちょっと贅沢なパンまで、ふんわり、もちもちパン、約30種類を掲載。
それぞれのアレンジ・レシピも豊富で、見ているだけでリッチな気分に。
また、著者自らパン作りの基本とスケジュール、酵母作りのスケジュール、愛用の材料と道具を公開しているので、わかりやすい。
マイペースで続けられて、からだにもやさしい自家製酵母パン。
自分のため、家族のためにぜひ作ってあげたいと思うレシピ本。
おうちでのーんびりたのしむ『自家製酵母パン』の本 佐原 文枝/主婦と生活社 (2007/01)
頁数:約 87頁 \1260
出版社/著者からの内容紹介
「パンは作ってみたいけど、難しそう~」「自家製酵母って、めんどくさそうだなぁ」ーーそう思っていた方に、目からウロコの簡単レシピ!超人気サイト「My Sweet Life」のfumiさんがお届けする、すごーく、すごーく、すごぉーーく手間いらずのパン作り。初チャレンジの方でも、きっときっとおいしく作れますよ!