中学生の学習指導

塾は私の勉強部屋。

塾の勉強だけでなく学校の宿題も塾で仕上げて帰る。

だからほぼ毎日塾へ行って、3~4時間勉強する。

塾の先生に質問して教えてもらう。

塾の勉強も自分で計画を立てて、どんどん進める。

最近「やらされるのではなく、自分でする」勉強が面白くなってきた。

この調子で頑張れば、高校は第1志望校に合格するだろう。

これが「進学塾トリニティー」中学部のイメージ

進学塾トリニティーの特色

自立型個別指導の塾

コマ制なしの学び放題・通い放題の塾

学習計画を自分で作成するの塾

講師でなく生徒が主体の塾

発達に偏りや遅れがある子も受け入れる塾

徹底した管理体制の塾

家庭とメール等で連携する塾

進学塾トリニティーは、「自立型個別指導」の塾です。

学習の主体は生徒です。生徒がやる気を持って学習に取り組まないと成績は伸びません。

常に先生がそばにいてあれこれ指図し、一方的に知識を注入するような環境では、生徒は先生に頼ってしまって、また勉強が他人事のようになって主体的に学習に取り組めず、学力の向上につながりません。


「コマ制なしの学び放題・通い放題」「振替自由」

当塾は1コマ60分分、1コマ120分などのコマ制をとっていません。

部活をしている生徒が多いので、部活との兼ね合いで都合の良い時間に来て納得がいくまで学習ができるようになっています。

また苦手科目を克服したいとか学年順位を大幅に上げたいとか、学習に没頭したい生徒のために「通い放題・学び放題」も用意しています。

座席の都合があるので、事前に授業日は決めてもらっていますが、連絡さえいただければご自由に振替可能です。


「学習計画を自分で作成する」

生徒が主体的に学習に取り組めるように、学習計画を自分で作成してもらっています。

受け身の学習になってしまうことを防ぐ為です。

学校などが典型ですが、「今日はこれをします。次回はこれをするから家で予習してきておいて。」といったような感じで教師が何を進めるか計画を立てています。その結果生徒は、今勉強している単元の単元名さえ言えない状況に陥ります。学習が自分のことになっていないので、家庭では何をしたらいいのかわからない状態になり家庭学習が習慣にならないのです。

当塾は1日単位での細かい計画を生徒自身が立てるので、自分が何をすべきなのかを塾生全員が把握していている為、家庭学習もコツコツと頑張れるようになります。

なお、学習計画は塾の指定する条件をクリアし、塾長が点検のうえ認可し、実行しつつ修正を加えていきます。

「講師ではなく生徒が主役」

生徒本人の自主性、主体性を尊重した運営をしますがが、誤解していただきたくないのは「生徒が主役=生徒任せ」「自立学習=放置」ではないということです。

計画の立て方や学習の仕方をわからない生徒には指導しますし、塾の定めるガイドラインがあります。それに従って主体的に勉強してもらいます。必要な場合は介入し指導するし、計画の立て方、学習の進め方、教科内容でわからないことは塾で教え、指導します。

「徹底した管理体制」

生徒が主役となり主体的に学習に取り組んでいくのが当塾の特徴ですが、生徒一人ひとりの学習状況や理解度などを講師はすべて把握し、必要があれば「問いかけ」「アドバイス」「指導」をして計画を一緒に修正するなど介入します。

家庭学習も含め全てを管理・把握していますが、塾が1から10まで「指示」をしてしまえば自主性が養われず力はいつまでも伸びません。自主性が養われて初めて結果がついてきます。

「家庭とメール等で連携」

当塾ではお子様の学習状況や学習に対する様子をメールで報告させていただいております。

保護者の方にもお子様がどんなことをしているのかを少しだけでも知っていただき見守っていただきたいからです。また、長期的な指導をさせていだたく上で保護者の方と連携をとることは必要不可欠だと考えています。


なお、進学塾トリニティーは、発達の偏りや遅れがあるけれども、普通高への進学を希望し、努力している小中学生を受け容れています。

テスト対策・季節講習・資格試験

定期テスト前には2週間超の「テスト対策授業」

定期テスト開始の2週間ほど前から、授業内容が「テスト対策」に変わります。 この期間中は、予習的に先に進むことをせず、プリント類を使って演習、復習を繰り返します。 テスト直前の日曜日は、特別に「勉強会」を開きます。 塾の教室をテスト期間が終了するまで、自習室として開放しています。

春夏冬の休み中は「季節講習」

春休み、夏休み、冬休みには季節講習を実施しています。 遅れを取り戻し、更に前進して「差をつける」期間と位置づけています。 特に中3生は、「行きたい高校へ行く」ための貴重な期間です。 春夏冬の各講習会ともほぼ毎日塾で授業があります。

「公立高校合格一直線シリーズ」

中3生には秋以降、「炎の土曜特訓講座」、「正月特訓講座」「公立高校推薦入試練習会」「公立高校入試直前講習」などの特別講習を催します。

塾内模試

年間5回の全国模試を実施します。「全国」模試ですから、受験者数が多くそこから出てくる偏差値や合格可能性などのデータが客観的で信頼にたるデータが得られます。

資格試験

英検・漢検・数検の3級を中3の冬までに取得するよう勧めています。これらの検定は入試でも役立つ価値ある検定資格です。

「合格講習」なども用意しています。


中学生のコースと授業料

中学生
コース指導時間授業料前期諸経費後期諸経費
自立型個別週2回16時間18,000円10,000円10,000円
週2回無制限20,000円12,000円12,000円
週3回無制限22,000円13,000円13,000円
通い放題無制限25,000円14,000円14,000円

完全個別指導

先生一人に生徒が一人の完全個別指導です。授業の回数は週1回から週に3回までいろいろなコースがあります。

このコースはパソコン等の機器を使わず、直接、先生が手取り足取りつきっきりで指導します。

教科担任制なので、いつでも同じ先生に指導です。

個別指導コースと授業料(LIVE)
コース 週1回 週2回 週3回
完全個別 17,600円 28,000円 36,400円
1:2 15,840円 20,000円 28,000円
1:3 13,500円 18,500円 25,000円

在宅指導コース

文字通り在宅で、自分の家で指導を受けるコースです。

家庭教師ではありません。

レギュラーコースが使っている「学習支援システム『すらら』」をフルに使って学習します。

インターネットをはじめ様々なデジタル機器を使って指導します。

在宅指導の良い点は?

夜に塾へ通わなくて良いので、時間的に余裕ができます。

通塾中の交通事故や痴漢などの危険を心配する必要がありません。

家庭教師のように他人が家庭内に入ってくる煩わしさがありません。

部活などで忙しい人や家が遠方の人あるいは学校に行けていない人に向いています。

在宅指導コース 8,800円/月