おたふくの面

おたふくの面"

おたふくの面

 もう10年近く前のことです。姫路商工会議所で
開催された産学交流会の研究・意見発表の時、当時、
姫路工業大学工学部の岩崎教授が面白い発表をされ
ていました。『まるでプラスチック製のようですが
?』おそるおそる質問した私に『衣川さん、面を触
ってみてください。』教授。『指で叩くとポコポコ、
あれ!アルミですか?』

 こんな会話から非常に良く伸びる特殊なアルミの
話を教えて頂きました。このお面は、アルミニュウ
ムの板を膨らませておたふくを作りました。ちょう
どお餅を焼くように空気の力で膨らませるのです。
言ってみれば焼き餅成形法です。専門的には超塑牲
成形法(ちょうそせい せいけいほう)と言います。


 ちなみに、「おたふくのような顔立ちは、福を呼ぶ好ましい顔立ちとされていたが、
美意識の変化から不細工な女性を罵(ののしる)言葉としても用いられるようになった。」と、
ものの本に記載されていました。


 『鉄のふしぎ博物館』に展示しています。ぜひ、古代の美人と対面してください。

お面のデーター
板の大きさ 290 mm x 260 mm
厚み 1 mm 重さ 205 g
お面寸法  180 mm x 160 mm x 65 mm



『鉄のふしぎ博物館』   衣川製鎖工業株式会社

戻る 進む