製鉄所建設100年 記念切手

製鉄所建設100年 記念切手
イタリア
イタリアの製品/イタリア鉄鋼連盟
発行日 : 2010/06/28

磁石につく切手。
シルクスクリーン印刷で磁性のある特殊インクを使用。
連盟のロゴと鉄鋼の塊を表現する幾何学なデザイン。

1861年のイタリア王国の成立から40年近く経って20世紀を迎えた訳ですが、
この時点でも国民としての帰属意識・ナショナリズムが強くなく、
また南部の後進性はこの頃から意識されていました。

イタリアの識字率はとても低かったとのことです。
ヨーロッパ史をひもとくと、プロテスタントの地域に比較して
カトリックの地域の識字率の低さが指摘されますが、
イタリアも建国時には70%以上が読み書きできなかったのだそうです。

資源に乏しく工業用原燃料の多くを輸入に頼っていたので、中立を保った期間中も、
日本のように貿易で漁夫の利を得られた訳ではありませんでした。

そして、連合国側での参戦後も、食料などの不足や戦場での敗北が続き
厭戦気分が一般的になったそうです。

http://somali-present.blogspot.jp/2010/11/20.html
イタリア20世紀史


『鉄のふしぎ博物館』   衣川製鎖工業株式会社

戻る 進む